忍者ブログ
すずめと一緒に踊りませんか
ブログ内検索
話題ごと
WirelessFreedom
LinkStation (ls-gl)
イーサネットコンバータ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
バーコード
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

       
yahoo auctionで、
LS-GLの箱だけ入手しました。
昔のLinkStationと違って、
最近の機種は、HDDを入れても、簡単には動かないそうです。
がんばればLinkStation化できそうなのですが、
どうせなら(?)Linux化してしまいましょう。

# 尚、LinkStationにしたいときの手順は、
# haleyさんとこに綺麗にまとまっています。


ハードウェア的な構成は、玄箱Proと殆ど同じそうなので、
debianのlennyが入りそうです。
はじめからauctionで玄箱Proを入手すれば簡単な話なのですが、
如何せん、LS-GLの方が安かったもので。

シリアルコンソールとかはなくても大丈夫そうなのですが、
あればトラブった時に便利です。
詳細な手順は、
Buffalo NAS-Central Forumsに書いてありました。

----ここから手順----
まず、まっさらなSATAのHDDを用意します。
もし過去に他で使っていたHDDを使い回す場合には、一度他のコンピュータ等に繋いで、MBRが削除されていることを確認しましょう。
とりあえずWindowsからパーティションの削除、とかするだけで消えます。
# シリアルコンソールがあれば、この手順を踏まなくても大丈夫そうではありますが。
# シリアルコンソールだと、コンソールからtftp-bootモードに入れるのですが。
# 空っぽのHDDを繋いでも、tftp-bootモードに入るそうなのです。

LS-GLを分解して、HDDを接続して、組み立ててしまいます。
もう分解する必要はありません。(トラブらなければ、ですが)

まず、上の海外forumから、
2. Start by tftp-booting this uImage - a special version of foonas-EM built for this setup. Once it plays its "welcome chime", log into foonas-em using telnet (you may have to scan your network for the correct IP):
みたいな手順があるところの、「this uImage」あたりのリンクから、uImageをダウンロードしてしまいましょう。
ついでに、同じフォーラムのちょっと上の方にある、
Lenny-armel image 0.x.x - Newest image x-x-xx (xxMB)
のあたりのイメージもダウンロードしてきちゃった方が楽かも。
# 私は念のため、Buffaloのwebサイトから、ls-gl用のファームウェアをダウンロードしてきて、initrd.buffaloを入手しておきました。

あと、使うソフトウェアですが、
TFTPサーバソフトが必須になります。
WindowsならTDTPDあたりで良いのではないかと思います。
FFFTPとかもあると便利かもしれません。
下の手順を読みつつ、必要そうなソフトだけインストールしておくと良いでしょう。

LANケーブルでPCとLS-GLを直結します。
クロスケーブルが良いんですけど、普通自動判別してくれますよね。
で、コンピュータ側のIPアドレスを、192.168.11.149に設定します。
# と海外forumには書いてあったのですが、
# うまくいかなかったら、
# 192.168.11.1とか、192.168.11.2あたりも試してください。

TFTPDを立ち上げ、フォルダの中には、先ほどのuImageを入れておきます。
# 私はinitrd.buffaloも一緒に入れてしまっていたのですが。
# そしてuImageをuImage.buffaloとか名前を変更していた記憶があります。
そして、LS-GLを立ち上げると、
uImageとかがLS-GLに吸い込まれていきます。
しばらく待ちます。

ぴろぴろ音が鳴ったら、終わったと思うので、
telnetでログインしてみます。
たぶんIPアドレスは192.168.11.150になっていると思いますが、
なっていなかったらネットワーク上を探してください。

面倒なのはここまででしょうか。
あとは上のforumに従いつつ行っていくだけです。

fdiskで、
1:1GB ext2
2:10GB ext3
4拡張
5論理:512MB swap
6:10GB ext3
7:残り jfs
にして、
mkfs.ext2 /dev/sda1
mkfs.ext3 /dev/sda2
mkswap /dev/sda5
mkfs.ext3 /dev/sda6
mkfs.jfs /dev/sda7

します。

cd /
mkdir sda1
mkdir sda2
mount -t ext2 /dev/sda1 /sda1
mount -t ext3 /dev/sda2 /sda2

して、何とかして/sda2にLenny-armel image 0.x.xを入れます。
forumではwgetしていますが、まだインターネットに繋がっていないと使えません。
ls-gl側にftpデーモンが立っているので、ffftpで置くこともできます。
で、
cd /sda2
tar zxvf armel-lenny-for-lspro-dgv0.x.x.tgz
cp /sda2/boot/* /sda1/

します。

因みに、
/sda2/etc/network/interfacesが、起動後のネットワークインタフェイスですが、
なぜかこっちはIPアドレスが192.168.11.50になっています。
再起動後、IPアドレスが変わるのが嫌なら、今のうちに書き換えておきましょう。

あとは、
fooboot -h
fooboot
fooboot -s
fooboot -h
fooboot -n

のようにfooboot系のコマンドを適宜叩いて、
大丈夫そうだと思ったら、思い切ってrebootします。

そして、立ち上がった頃合いを見計らって、
sshログインしましょう。
ユーザ名:root、パスワード:armelです。

----ここまで手順----

これで、debian lennyが立ち上がりました。
あとは、お好きなようにいじっていけば良いと思います。
PR
       
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ コメント一覧
■ この記事のトラックバック
この記事にトラックバックする:
LS-GL Linux化2 HOME イーサネットコンバータ3
Copyright © すずめのおどりあし All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]