忍者ブログ
すずめと一緒に踊りませんか
ブログ内検索
話題ごと
WirelessFreedom
LinkStation (ls-gl)
イーサネットコンバータ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
バーコード
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

       
debian lennyを入れたLS-GLですが、
そのままだと何かと英語だったりするので、
色々入れてみましょう。
まず、 /etc/apt/sources.listを編集しましょう。

#deb http://ftp.us.debian.org/debian lenny main
deb http://ftp.jp.debian.org/debian lenny main contrib non-free
deb http://security.debian.org lenny/updates main contrib non-free
deb http://ftp.jp.debian.org/debian-volatile lenny/volatile main contrib # volatile を使う場合。
deb http://www.jp.backports.org lenny-backports main contrib non-free # backports を使う場合。

にして、apt-get updateします。
なんか公開鍵がどうのこうのと怒られるので、

gpg --keyserver wwwkeys.eu.pgp.net --recv-keys 9AA38DCD55BE302B
gpg --armor --export 9AA38DCD55BE302B | apt-key add -
gpg --keyserver wwwkeys.eu.pgp.net --recv-keys EA8E8B2116BA136C
gpg --armor --export EA8E8B2116BA136C | apt-key add -
として、再度apt-get updateします。

したら、
apt-get install locales
dpkg-reconfigure locales
して、ja_JP.UTF8的なものを選びます。

# 2010/02/21 追記
/root/.profile から
export LANG=C
の記述をコメントアウトすると、ほぼシステムの表示が日本語になります。
puttyで接続する場合は、「変換」→「文字コードの設定」で「UTF-8(CJK)」にしないと文字化けします。

ついでに、タイムゾーンも東京にしておきましょう。
dpkg-reconfigure tzdata
して、Asia → Tokyo を選択。

あとはよしなに日本語環境を。
apt-get install language-env canna freewnn-jserver skkserv canna-utils
あたりでしょうか。
PR
       
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ コメント一覧
■ この記事のトラックバック
この記事にトラックバックする:
t-01aに慣れていない HOME LS-GL Linux化
Copyright © すずめのおどりあし All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]