忍者ブログ
すずめと一緒に踊りませんか
ブログ内検索
話題ごと
WirelessFreedom
LinkStation (ls-gl)
イーサネットコンバータ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
バーコード
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

       
C#で行列ライブラリが何がよいだろうかと探しておるわけです。
で、私的基準として、
大きく分けて2種類ありました。

Matrix matrix = new Matrix();

に、
         1, 2, 3
matrix = 4, 5, 6
7, 8, 9

のような3x3の行列を代入したとする。
んーで、これを転置することを考えましょう。

1つめのタイプのライブラリは、
Matrix newmatrix = matrix.Transpose();

とかって転置したとき、
matrixはオリジナルのまま保たれ、
newmatrixに転置された行列が入るタイプ。
         1, 2, 3                 1, 4, 7
matrix = 4, 5, 6 newmatrix = 2, 5, 8
7, 8, 9 3, 6, 9


もう1つのタイプは、
matrix.Transpose();

と、
そもそもTranspose()がvoidであることが多く、
matrixそのものが転置されるタイプ。
         1, 4, 7
matrix = 2, 5, 8
3, 6, 9

とりあえず。
前者じゃないと私は使いにくくて仕方ないと感じる。
ところが、(私にとって)けしからんことに、Microsoft.DirectX namespace(だっけ?)に入っているMicrosoft謹製のMatrix構造体は、後者だった気がする。
// そもそも、横ベクトル前提の回転なので、ちょっぴり使いにくい。

今日もまた、行列ライブラリ探しの旅に出る。
PR
       
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ コメント一覧
■ この記事のトラックバック
この記事にトラックバックする:
とりあたま HOME 雀の踊り足
Copyright © すずめのおどりあし All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]