忍者ブログ
すずめと一緒に踊りませんか
ブログ内検索
話題ごと
WirelessFreedom
LinkStation (ls-gl)
イーサネットコンバータ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
バーコード
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

       
LS-GLには、USBで外付けHDDを繋いでいたのですが、
今までのシステムでは、
定期的にcronでsdparmを叩いて、HDDの回転を止めていました。
バックアップ用にしか使用していなかったため、普段からスピンアップしているのは無駄だからです。

ところが、
squeeze化したら、まったく同じコマンドのsdparmで、
スピンダウンしなくなってしまいました。
正しくは、
sdparmを叩いた直後に、HDDでカコンって音がしてスピンダウンしようとしているのですが、一瞬落ちた後、すぐにまたスピンアップを開始してしまっているような症状です。
なんじゃこれ。
別にどこかのアプリが常にHDDを見に行っているとかいうものでもないので、
(だってmountすらしていないですから)
謎です。
ちょいと調べてみると、何かのバグなのでしょうか。

https://bugs.launchpad.net/ubuntu/+source/sdparm/+bug/444818

最初は、squeeze化するときに大きく入れ替えた、kernelとかudevとかが原因かと思いましたが、
もしかしてsdparm自体の問題なのでしょうか???
昔のバージョンに戻せば動くっていうことなのかなぁ。
でも、debianのパッケージを見てみましたが、lennyでもsidでもsdparmのバージョンは1.02-1で同じみたいなので、やっぱりよくわかりません。


追記:解決しました。
LS-GL squeeze化 (3)
PR
       
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ コメント一覧
■ この記事のトラックバック
この記事にトラックバックする:
DLLハイジャック?脆弱性? HOME LS-GL squeeze化
Copyright © すずめのおどりあし All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]